医者

尿失禁は改善可能|焦らず迷わず泌尿器科を受診

男の排尿トラブル

女の人

専門クリニック

中年期以降の男性の多くが、排尿トラブルに見舞われます。下世話な言い方になりまが、「オシッコの切れが悪くなった」と感じる男性が、想像以上にたくさんいます。ちょうど精力の衰えを感じ始める時期と重なるため、男としての自信を失ってしまう人が少なくありません。しかし、男性としてのプライドが云々といった問題以前に、その症状の影に深刻な疾患が隠れている場合もありますので、排尿に違和感がある人は、早めに泌尿器科を受診して、検査してもらうようにした方がよいです。総合病院の泌尿器科は待ち時間が長いし、恥ずかしい気がするので嫌だという人が少なくありません。そのような人は、新宿に行ってみることをおすすめします。新宿には、泌尿器科の男性専門クリニックがいくつもあります。患者のプライバシーへの配慮が行き届いていますので、泌尿器科の受診に抵抗がある人は、新宿の専門クリニックに行ってみるようにするとよいです。

患者数の増加

男性には、女性にはない前立腺という名前の器官が存在しています。この前立腺は、誕生直後はごく小さく、ほんの1g程度の重さしかありません。しかし、思春期になると急激に成長し、その重さが15〜20g程度になります。そして、精液の一部を作るという大切な役割を担うようになります。高齢になるとこの前立腺が肥大して尿道を圧迫するようになるために、オシッコが出にくくなってしまいます。オシッコが出にくくなるくらい大した問題ではないと考える人が少なくありませんが、日常生活に何かと支障が出てしまうようになります。高齢になっても快適な生活を送り続けたいと考えているのであれば、先程紹介した新宿にある泌尿器科専門クリニックを受診して適切な治療を受けるようにした方がよいです。男性の平均寿命が伸びていますので、今後は泌尿器科で前立腺肥大症の治療を受ける男性が増加するだろうと予想されています。